資産価値の高いお酒を現金に変える方法とは


お酒は資産であるということ

家の中に飲まずに長年置いてある高級酒があるという家庭は多いのではないでしょうか。そのうち飲むかもしれないと思ってそのままになっていたり、記念日に購入して飲む機会がないままになっていたりと、その理由は何であれ年数の経っている高価なお酒は状態が良ければうまく行くと高額で売却することが可能です。特に高く買い取られる可能性があるのが、ワインやシャンパンの中でも稀少性が高く人気のあるボトルで、高いものになると10万円以上の値段がついてもおかしくありません。日本酒についても世界的に評価が高まっているため、生産量が少なかったりしてプレミアがついている銘柄については同様です。

お酒はどのようにして換金するのか

家に貴重なお酒がある場合、どのようにして買い取ってもらうかということですが、もっとも簡単なのは街の買取業者に持ち込むということです。酒類専門の業者とそうでない業者がいますが、特にどちらが良いということはありません。しかしながら、業者によって査定価格にはばらつきがあることが多いため、なるべく3社程度に査定してもらって最も高額の評価をしてくれたところに売却すると良いでしょう。なお、多くの業者では、オンラインやスマホアプリを使って査定依頼することが可能です。買取についても店頭に持ち込む必要はなく、宅配便で送るだけというところも多いため、それほど面倒なことはないでしょう。一方、業者を介さずにインターネットオークションやフリマアプリを使って個人間で売買することも可能です。業者と異なり中間マージンが発生しないため、人気のお酒を売る場合はこちらの方が高く売れる可能性があります。

もらいものの高級なお酒が自宅に眠っている場合は、お酒の買取専門店に買取ってもらうと現金を手にできます。