何のために行っているの?酸洗いとはどんな作業なのか


酸化被膜などの不純物を除去する

酸洗いとは酸を使って金属を洗う作業のことです。溶接などで発生した酸化被膜などの不純物全般を除去できます。切削油を洗い流したり、外観を綺麗にするために行われることも多いです。油分だけでなく表面のざらつきも取れるので、塗装やメッキの密着度も向上します。ステンレス製品の不動態被膜を再形成し、本来のさびにくい性質へ戻すときにも行われている工程です。

金属によって処理時間や酸の配合を変える

酸洗いは金属の種類によって、処理時間や酸の配合も変えなければなりません。処理時間を間違えてしまうと、金属の表面が綺麗に仕上がらないこともあります。酸の濃度が高いと製品自体が溶けてしまうこともあるので注意が必要です。金属に適した配合と時間を守ることで、酸洗いの効果が発揮されます。

金属処理の中でもコストが低い

酸洗いは金属処理の中でもコストを低く抑えられるのが特徴です。金属に対して強い力が加わらないため、歪みが生じる心配もありません。表面のバリやサビも製品を傷つけず綺麗に落とせます。酸洗いを行うことで研磨時間を短縮できるのもメリットです。吹き付け処理なら浸漬が難しい大きな製品にも対応できます。

酸洗いを行うときの注意点

酸洗い直後の金属は傷が付きやすいため、すぐに水洗いを行う必要があります。隙間に入り込んだ処理液を取り除くために、高水圧の洗浄機を使うことも多いです。水洗いが終わったらしっかり乾くまで乾燥を行います。処理液はそのまま下水へ流すことが出来ないので、専用の設備で排水処理を実施しなければなりません。

酸洗いとは、主に酸を用いて金属を洗浄する事です。洗うと表現されますが実際はロウ付けや溶接により起こる金属の焼け、さび等の汚れを硫酸、塩酸で溶かし落とす事です。