CADってどんなもの?基礎知識を解説します!


そもそもCADとは何ですか?

CADとは、図面の設計や製図をコンピューターで行うことや、それを行うソフトやシステムのことです。これまで、図面の線は同じ太さで書かれなくてはいけないなど、さまざまな専門技術を身につけるために長く経験を積む必要がありました。しかし、CADでは使い方を覚えさえすれば同じ太さの線を簡単に引くことができます。手書きでは間違いの修正にも紙が破れないかなどいろいろ気を使わなくてはいけませんが、CADならばコンピューター上で線を消すのも増やすのも簡単に行えます。また、手書きでは保存にも場所を取るし、人に渡すときもその場にいなければ持っていったり郵送したりと手間がかかりました。しかし、CADで作成した図面はデータで保存できるので場所の節約もできるし、データのやり取りなので手間もかかりません。コンピューター上で共有することで、より管理が楽になります。このように、メリットがたくさんあるCADは、図面の設計や製図に欠かせないツールなのです。

2次元CAD(2D CAD)と3次元CAD(3D CAD)とは?

CADには2次元CADと3次元CADがあります。2次元CADは、手書きで行っていた製図をそのままコンピューター上で行うCADです。平面図や立面図などの断面図しか作成できないので、別の角度から見ることはできません。しかし、入力は比較的簡単にできるので操作も覚えやすいというメリットがあり、無料で使えるソフトもあります。一方、3次元CADは立体の製図を行うCADです。コンピューターやソフトの導入コストがかかりますが、2次元CADでは難しいことも表現でき、さまざまな角度から見ることができるので出来上がりなどをイメージしやすいなどのメリットがあります。どちらにも長所と短所があり、用途により使い分けされています。

水道CADは上下水道の申請図面などが描けるソフトで、平面図・縦断図・立面図などを自動作成する事が出来ます。